*

Sponsored Link

FFEXFのアビリティを作成は遠い……

公開日: : 攻略

FFEXF(ファイナルファンタジーエクスプローラーズフォース)をのんびりやっているわけなのだが、
なかなかいい感じに進むことはできません。

リセマラをまじめにしてなかったのもそうだけど、ヒーラーはクエストでは明らかにお荷物なのがキツイ。
ウォタガ(白魔導師の星5攻撃魔法)を持っていても、黒魔導師の足元にも及ばない火力ですし、
回復が脆弱すぎて涙でそう。

ある程度使えるようにするためには、星5の杖をしっかり強化しつつ、アビリティを強化していくしかないでしょう。

ただ、アビリティのLVを上げるというのはかなりとてつもない事です。

なんせ、同じアビリティを消費して(ケアルならケアルを消費して)LVを上げるしか方法はありません。

 

一応アビリティはクラフトで作れるようになっていますが、
星3以上の武器、防具の強化素材を使う上に、5章現在ではギルガチャで0.6%(星3は0.54%で星4は0.06%)という低確率で10回も引き入れないと一個作成することができません。
つまりは、ウォータを作るためには
星3装備武器強化素材を10個、ギルガチャで手に入る紅技の水晶を使用します。

先に進むことで手に入るギル以外は、クリアで手に入るギルは極めて少ないです。(50ギル)
1000ギルで一回だから、クエストを20回クリアで一回という結構な厳しさですからね。
どこかで出てくるのを信じて突き進むしかないでしょう。

一応星3装備強化素材もギルガチャで出ますし、イフリートなどのボスを倒せば可能ではあるのですが、難しいのが現状です。
それも星5のアビリティにおいては、素材は5章現在ではドロップしません。

アビリティを作成・強化は遠い話ですね……。ガチャ以外では強化は厳しいと言わざるえません。

Sponsored Link





関連記事

ディスガイアRPGを攻略するコツはLV400の転生ゲートを6回ずつ回るべし

ディスガイアRPGを上手く攻略していくには、LV上限の解放である転生を上手く使いこなすしか

記事を読む

ラースドラゴン用3凸道中含めフルオート!?正直、すげえとしか言えない。

プリコネのダンジョン現最強のボス。ラースドラゴン。 非常に強力で私自身、道中でTPをためてか

記事を読む

アリーナを優先するなら、このキャラの専用武器を!

プリコネにおいて、対人要素と言えるのは、チーム戦であるクランバトル。自分のキャラだけで戦う、アリー

記事を読む

ゾーマのサイコキャノンが間違いなく強い

露骨なまでにサイコキャノンと氷塊だと両方えぐいダメージが出ます。凡庸性に関してはサイコキャノンが一

記事を読む

ディスガイアRPGのメンテは次の日に……

ディスガイアRPGのメンテは続いています。 さらっと日付が次の日になってますね。

記事を読む

ルナの塔がキツイのは? イオとリノの厄介さが際立つ

プリコネのルナの塔で厳しい部分はかなりの厳しさでした。 特にキツイのは、 イオ

記事を読む

バレンタインシズルの絶対必要感

クランバトルをやっていると、この場面でバレンタインシズルがほしかったなーって場面が非常に多く感じま

記事を読む

プリコネの充電期間。まあすぐ終わるけど

プリコネはイベントが終わったから、ほんの少しの充電期間ですね。正直、この時期のプリコネはスキップチ

記事を読む

プリコネの星6は強いけど……

露骨にプリコネの星6は強いですね。でも、これが始まってから、大量のキャラが型落ちしました。害悪ーと

記事を読む

ディスガイアRPGは降臨をずっとやるのなら……

ディスガイアRPGは現状だと、魔神エトナを何度か繰り返している状態です。次にピュアフロンが

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ディスガイアRPGの超魔流の荒行はやるべき

たとえ、8000LVの4をクリアできなくても、超魔流の荒行はやるべき

とうとうエスタークかー。ジゴスラッシュやばそうだな

ドラクエタクトのハーフアニバーサリーで、とうとうエスタークが登場だ。

プリコネのニャルがやばい。とうとうフルオートワンパンかー

ラースドラゴンがとうとうフルオートワンパンになったそうな。 メ

ビショップか、魔法で楽にいけるね

ディスガイアRPGで、ある意味で予想内で予想外な超魔流の荒行が開催さ

ドラクエタクトはハーフアニバーサリー。さてはてどうなるか

最近のソシャゲではよく、この文言で強いキャラを出してくるので、バカに

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑