*

Sponsored Link

ディスガイアRPGの現状として、プリニガーXはやる気出すにはいいかもしれない。

公開日: : 攻略

結局降臨がないと、やる気でないってのはある。

だけど魔法封印だけはやばかったと思うの。
いやまあ、それに通用するキャラとか考えるのは楽しいけれども。

教授を引っ張り出す羽目になるとは思ってなかった。
というか、10凸してくれないと勝てないラインで、教授10凸はやばい。
しないでどう倒すかをホント考えさせられた。
耐えられないならどうするか……って。

魔法パで行きましたから、安定してくれるにはINTが重要過ぎた。
5700万で4WAVEのマオ相手に確定ラインいかないのがきつい。
5800万にあげて、どうかなーってみてたよ。
結局倒しきったけど、まれに倒せないパターンを引きそうで怖い。

シシリーXENOのINTをSPDと一緒に盛らないと勝ち目がないという極悪仕様はキツイね。
SPD90で積み込んでやっとです。
結局SPDが重要だってわかりました。

プリニガーXは色々仕込むのが楽しいけど、ある程度いい感じに強化しないと面白くない。
結局一定以上の強さが必要です。
じゃないと挑戦権すらないという。
というか、武器技と魔法技の封印で持ち物検査感が半端ない。

ニジグンジョウだったらバフがある程度出せるかな?
メインアタッカーにキリディアを据えれば行けたりするだろうか?

結局マオを突破に10凸星6にしないとだから、さすがにきつすぎる……。

凸はコンテストでいけるとしても、星6が結構ヘルやプリニーの消費が尋常じゃないのがキツイと言うね……。

まあ、手持ちをしっかり考えて頑張りましょう。

2回目に通常が出ない以上、修羅しか出さない気でしょうから。

Sponsored Link





関連記事

プリコネのリゼロコラボのベリーハードは範囲攻撃で楽勝!

プリコネでとうとうリゼロコラボが出ていますね。とは言っても、もう結構周回しているでしょうけど。

記事を読む

ドラクエウォークのロトの印の期間と次のドラクエ3イベントの終了期間が一緒ってことは?

これは、あれですね。王者の剣のフラグか。 ドラクエウォークのロトの印は、デイン属性強

記事を読む

メロディアに恨みでもあるのか?超魔王ラハールによっていらない子になってしまった……。

えっと、回復ぐらいしか勝ててなくてやばい。一応メガブレイブハートもあるし、SPD+5%とかもあるけ

記事を読む

ドラクエタクトは冬のキャラが登場か

四季キャラで、冬キャラとして、リーズレットが登場です。なんと四季キャラは全部ドラクエ10かと思って

記事を読む

プリコネのハードでハロウィンミミが!?限定落ちの可能性?

プリコネのハードにとうとうハロウィンミミが登場しました。 支援範囲攻撃型とでもいうべ

記事を読む

ドラクエ10の万魔の塔はサポではキツイ?ポイントは幻惑

まあすでに発売はしていますが、スクショも取れてないのでなんともな感じではありますが、万魔の

記事を読む

カオリの専用130の最大の利点はクリティカルの向上

前回の記事でも書いた気がしますが、カオリの専用装備はなんといってもクリティカルの向上が魅力ですね。

記事を読む

強いウマ娘を作るなら、URA因子を積んで発動を待つほうがいい?

いわゆる上振れ狙い。青因子はぶっちゃけ、2ぐらいあればいいという地獄理論ですね。URA因子3が出て

記事を読む

これ実質31日無い張角イベント、さあ司馬懿イベントの始まりだ!

真・三國無双斬において、メンテナンスの時間は朝8時であることが判明しています。 この記事が読まれる

記事を読む

ドラクエウォークのイベントは今回はきっつい。

というのも、今回バラがマジで集まらない。700個の回復スポットもつらいという現状。 まあほか

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こうらしいけど、この目標ステータスって……

見つけた情報によると、目標ステータスってこれらしいけど、えっ

ウマ娘でのURA因子の重要性よ。

正直、青因子とどっちがいいか。一概には言えないけど、私個人としては、

プリコネにおいて、水着がほぼ人権クラスにつよい

プリコネの強いキャラ達は、大抵水着キャラという現実。いやまあフェスキ

タウラス杯対策。常時スキルで特効キャラを作ろう

まあ対人であり、情報が出ている以上、特効キャラがほしいものです。

ウマ娘のキャラ強化にはスキルが重要?

ウマ娘のキャラを強化するには、ステータスよりスキルを意識するといいで

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑