*

Sponsored Link

プリンセスアリーナの防衛は平均がいい?それとも2チーム特化?

公開日: : 攻略

プリコネのプリンセスアリーナ。
3チームで戦う関係で、自分の戦力と相談することになる。
3チームを最高に鍛え上げることができるのなら、苦労はないけど。
経験値ポーションの関係やマナの関係があるから限界がある。

一番の問題点とするなら、15キャラも鍛えきれないという点。

なら、防衛にはどうすればいいか。

結論から言えば、2チーム特化の方がいいかなと思います。

理由は、2つ勝てれば勝ちであるという点です。

1つはほぼ負けることが確定している。
それでも、戦闘力が3万の人は3万を殴れません。

仮に35000戦闘力で二チーム作っているのなら、
戦う相手からすれば、
1軍が35000の戦闘力を超えていたとしても二の足を踏みますからね。

全部35000組めるならそれに越したことはないですが、
2チームを特化型で鍛える方が、経験値ポーションもマナも楽ですからね。

そして可能なら、
物理と魔法の混合構成でしっかりとしたタンカーを一つずつ以上、構成に組み込んでおくといいでしょう。

相手からすれば対策が取りにくいですから二の足を踏みます。

また、イオがいるのなら、
2チーム特化の中で、若干でも戦闘力が低いほうに入れておくと二の足を踏む傾向が強いです。
イオだけって構成だとタマキにやられてしまいますが、ある程度育っている中に居るイオは怖いと感じるみたいですからね。

基本的に二チーム特化の場合、
若干でも弱いと感じるほうに相手が戦力を集中する傾向がありますからね。

殴られやすい方にイオを配置しておくと、相手が攻撃しにくくなります。

返り討ちはなかなかできないので、アリーナの防衛策同様、なぐられにくくするのが一番でしょう。

Sponsored Link





関連記事

真・三國無双斬の専用武器は別枠で確定金色です

真・三國無双斬の専用武器は地味に別枠であることが判明しました。 何回戦ったかわからないけど、や

記事を読む

レイの専用をスルーするのは悪手である

まあ、まじめというかクランバトル全力な人たちはスルーしてないとは思いますが、レイの専用装備はかなり

記事を読む

バトルレックスのこころが強いのはMP回復があって、物理向けなところ

ドラクエウォークの扉イベントで、バトルレックスのこころが注目されています。 なぜなら

記事を読む

カオリの強さは拳の装備の強さはありそうね。

プリコネの拳装備はかなり優秀ですね。 カオリはどうしてここまで強いのか? その一端を担っている可

記事を読む

キリディアが強い最大の理由はレベリオ。

暴虐の魔王キリディア。これが強い最大の理由であるレべリオは2回行動で、バフがはれるスキル。

記事を読む

ミラージュ画面

メリメロのたんさくをデータから推察するに。その2

メリメロのたんさくデータ詳細その1では10分の探索で詳細データを出しました。 たんさく関連はコ

記事を読む

ドラクエウォークの装備枠は拡張すべき。心枠は頑張らないといけないけどねえ。

ドラクエウォークにおける装備枠は結構大事です。 マイレージポイントをしっかり稼いでいると、ガ

記事を読む

ドラクエウォークはゴールドが必要不可欠

ドラクエウォークの今回のイベントでは、ゴールドを使ってアクセや装備などを購入します。ほのお

記事を読む

ペコリーヌ

プリコネのHARDでもらえるメモリーピース一覧

ランク7で止まる現状では、メモリーピースの確保は大事。 では、一番簡単に入手が可能であるHARDの

記事を読む

プリコネを復帰する場合は、アリーナやプリーナはほぼ不可能?

プリコネにおいて、継続というのは大きい力になります。 というか、継続していなければ一気に置いて行か

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ドラクエタクトはハード周回で安定。

今回のイベントは、ハード周回で安定しますね。おばけこぞうは、ハード1

ディスガイアRPGに最も重要なのは、レベル上限解放。

いや、マジでそろそろ9999LVにしようよ。詐欺言われてるやん。

プリコネが一番面白いのは成長が実感できる時。

ぶっちゃけてしまうと、今のプリコネは面白みがほぼない。結局ほとんどが

うん、トリックグレイツェルは強いね。

ハロウィンスパークが思った以上に強いっぽいね。動画で確信。

ある意味で、一番の不遇は魔物たち全般である。

すべての原因はマナです。一番不遇であるのに、声が出てないのは、ウサリ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑