*

Sponsored Link

ディスガイアRPGのオート転生は非常に便利。

公開日: : 攻略

ディスガイアRPGのオート転生は非常に便利です。
使いどころはしっかりしておかないとヘルがなくなったり、素材がなくなったりするでしょうけど、しっかりキャラ毎でオンオフできるから、考えてオンオフすると非常に使えます。

特に使える機能は、
LV1でオンにして経験値ゲートや外伝2-3-6などの経験値の高い場所をまわると、複数回転生してくれるので、パワーレベリングに最適です。

最近だと、暴虐のキリディアとか当たっても、オート転生がない場合は、
コツコツメインクエストを1回クリア、マオの実験室で転生を繰り返さないといけませんでしたが、
今は、オート転生オンして経験値ゲートでLV3000ぐらいには上がります。
最悪スキップチケットで8枚ぶっこんで一気に上げるとしても、その経験値を上限で止めることなく転生して余すことなく使えるのは大きいメリットであると言えますね。

ただ、前述したとおり、素材とヘルがごっそりなくなります。
消費はしっかりしますからね。

ある程度集めておかないと、途中で素材が足りません~とか言われて転生がとまってその上限でキャラの育成が止まったりします。

それに関しては仕方がない部分ではあるので、いいです。

一番のポイントは、経験値を無駄にしない素敵仕様であることです。
ぜひオート転生を使ってみましょう。

キャラ毎でオンオフできるから、不安で議会で止めている人も可決させましょう。
マジで使えます。

オンオフのタイミングは、
サポートを選んで、編成6名が決まって出撃の時です。
キャラ6名の枠の表示切替を押してオート転生の項目で切り替えが可能です。

この場面ですね。
オート転生ってところをタップすれば、オンオフが切り替えられます。

ぜひオート転生を有効活用しましょう。
かなり便利なので。

Sponsored Link





関連記事

新たな人権はどうやら専用エリコとバレンタインシズル

ネットサーフィンしていると、Twitterで、恐ろしいデータを発見しました。 おそら

記事を読む

ドラクエタクトの小さなメダルにやばい装備あるね。

100枚交換っていう恐ろしい量ですが、魔晶の杖というかしこさが28も上昇する恐ろしい効果を持った杖

記事を読む

ドラクエタクトの出世頭は間違いなくスライムエンペラー

高難易度を出すから、スクルトにエールにベホマラーという極支援型なエンペラーが活躍できるという皮肉。

記事を読む

呂布強すぎ問題発生。スキルレベル8で鬼神のごとし

真・三國無双斬で呂布イベントによるランキング配布された金色品質の呂布。 なんとか確保できたので、の

記事を読む

経験値ゲート12はやはり大きい。1.5倍で8回いけば、3300LVはほぼMAXになる

ディスガイアRPGの経験値ゲートの最新ポイント12。この最新ポイントはやはりすさまじい経験

記事を読む

プリコネの星6は強いから、とりま上げよう

プリコネの星6は強いですね。というか、星6にスパッと上げたいところですね。 正直、ユカリとか

記事を読む

プリコネの新装備であるランク9は、クランバトルに間に合うか?

クランバトルの時間がゲーム内のお知らせで告知がありましたね。 5月22日。 その日にクラ

記事を読む

エスタークが弱いとかいう人は、本気で言っているのか?

タンク性能たかめ、デフォ3移動、横5列の広範囲攻撃、単体無属性高火力。ダメージでバイシオンがかかる

記事を読む

ウマ娘の理事長代理のあおりがなくなったけど、これ中距離以上が出たらまたあおるんだろうなーって。

ガチャが終わった瞬間、ライス代理のガチャの煽りがなくなりました。つまりは、ネット連中はそこまで思っ

記事を読む

プリコネの強さを上げるコツは装備を整えること

プリコネというかRPGの大半にいえることではありますが、 基本的に、装備を整えることは大切です。

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


というかマジでうまぴょいを地上波に流したのか??

ネットで見たらやばかったらしい。え、マジで流したの?あの電波ソングを

結局のところ、賢さはいらないという。

ライブラ杯において、賢さはそこまで必要ではないという。正直、パワーを

プリコネの星6ナナカかー。

正直、期待値は高めなナナカですね。ああいうピンポイントな爆撃ができる

チャンピオンミーティングって結局は運ゲーよ。

可能な限り運ゲーを削りたいのは事実ですが、結局は運ゲーなのは変わりあ

ウララシステムがどんどんやばくなってるらしいけど……

ウマ娘において、ウララシステムが流行っているという。正直、ネオウララ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑