*

Sponsored Link

ダンジョンを回すのがさらに大変になってるね……。

公開日: : 攻略

これさえ取ればもういいって人も多いですが、
ダンジョンエクストリーム2は、プリンセスハートのカケラが出る以上、ここを回らざる得ません。
しかも、ボス撃破でも落ちた報告もありますし、
可能ならボスの撃破も考慮しなくてはいけません。

しかし、ボスを効率よく撃破するには総戦力が100万とか要りますし、
耐久で戦うにしても、1時間以上はかかります。
どっちの道も修羅の道……。厄介な。

実際に個人的に周回している方法は、
・ボス前の戦いでTPを貯める
・ボス、ジャバウォックのHP800万を400~480万まで耐久で削る。
・ジュン、マコト、クリス、シノブ、アリサで発狂まで削る。
・発狂確認後、ミヤコ、カオリ、ムイミ、専用エリコ、ミツキで畳みかける
・残存戦力で殲滅
って感じで戦ってます。
正直TP貯めは必要ないと思いますが、ムイミだけは貯めておきたいかなー。
UB後の範囲スキルで雑魚殲滅が楽だし。

これでも耐久をしているから時間は結構かかりますし、
耐久を失敗すれば結局ダメですから放置はできませんし、
ホント厄介な。

まあ数ヶ月もすれば、多分楽に狩れるようになるでしょう。
今までの傾向で見るなら、3~4ヶ月ってところでしょうね。
そうなれば、おそらく撃破が簡単にできるようになっているでしょう。

それまで待つって手もありますし、ボスはスルーって手もあります。
正直、ボスで戦うのに正月ユイがほぼ必須ですし、サポートで借りればいいけど……マナを使うのが嫌って人もいるでしょうからね。

HPだけ高くした相手と戦うのは、みんなでワイワイ楽しみたい派な私としては、ダンジョンのボスは高HPじゃなくてよかったんだけどなー……。

Sponsored Link





関連記事

結局プリコネってさ。クラバト始まるまでは新キャラは触らないのが正解

酷い話だけどさ。プリコネは、新キャラがでても、適正のランクじゃないと真価を発揮することができない。

記事を読む

ディスガイアRPGの筋肉ドリーム、今はもはや……

ディスガイアRPGの有名な強力アイテム「筋肉ドリーム」まあさすがにIR30を頑張れば潜れる

記事を読む

ドラクエタクトのイベントで、ぬかどこはいいとして。

いやまあホイミスライムまで確保はまだ早いんじゃないかなー。一応第2弾や第3弾があるわけで。

記事を読む

メガモンゾーマに苦戦するなら、ゾーマ耐性と回復力を意識するといい。

ドラクエウォークのメガモンスターであるゾーマ戦において、一番きついのは、終盤のサイコキャノン+死絶

記事を読む

キョウカとモニカとマコトとアカリは優秀です。

プリコネのアリーナで構成次第で使う可能性が非常に高い攻撃型キャラクターは、 キョウカ

記事を読む

プリコネの星6キャラ追加は、ヒヨリが強い。

今回前作3人組がとうとう星6化しましたね。ユイは行動速度大アップ付きの全体回復になりました

記事を読む

真・三國無双斬の闘技場(アリーナ)対策?

真・三國無双斬の闘技場(アリーナ)の基本としてPvPであることを念頭に入れておくといいでしょう。

記事を読む

ハツネ

公式ツイッターでハツネが紹介されてるー!

プリコネの公式ツイッターでハツネが紹介をされていた。 https://twitter.com/

記事を読む

バブキン、ドラゴスライム。Aランク確保せよ

2話になり、バブルキングとドラゴスライムが確保できるようになって、Aランク確保が捗ります。

記事を読む

ドラクエウォークはどれだけ装備が強かろうが、心が大事。心珠が大事。

ドラクエウォークは、第一に心。第二に心珠。そして装備が来ます。 何が言えるかというと

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


経験値ゲートより、転生石ゲートが重要な理由。

神像が足りない。まったく足りない。ホント露骨に足りない。 重要

ドラクエタクトの闘技場かー。ウエイトがどうなるか次第かな?

ウエイト機能で、Sランクの数を制限するーって状況ですし、これは露骨に

露骨な水着ルカ推し?ただマルチが多いから使われるだけ

単純明快に、露骨に。マルチターゲットが多いからこそ、水着ルカが推され

ドラクエタクトでとうとう防具が実装されるらしい

まあ装備枠が増えるのは戦いに幅が出るから、戦略面で有利になるかなー?

レイドイベントは、参加するだけでもしておくべき。

はっきりいって、ディスガイアRPGのレイドイベントを参加しないのはか

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑