*

Sponsored Link

イリヤを使う時のコツ

公開日: : 攻略

最近ルナの塔でも、クランバトルでもイリヤを使う場面が増えてきました。

基本的にイリヤを使う場合、UBをうつタイミングを考えるといいでしょう。

星5であったとしても、オートではイリヤを使うことはできず、
マニュアル操作であったとしても、基本的にクリティカル自傷が出るとやられてしまうようなピーキーなキャラです。
ですが、その分ダメージは高く、
範囲にキョウカや水着キャル並みの火力を叩き込めるため、火力的に見れば高いです。

その理由に被ダメージのTP上昇と、UBによるHPの回復があり、
ダメージをしっかり把握して、UBのタイミングをしっかり計る必要がありますが、ガンガンTPをためてガンガンUBを撃てば死ぬことは少ないでしょう。

ただし、その分非常に撃たれ弱く、範囲攻撃が当たればそれだけで致命傷となるようなピーキーさです。

上手く使うコツとしては、
・スキルでの回復持ちを連れてくる
・魔法無効バリアで自傷ダメージを低減または無効にする
・TPを加速させてUBを加速させる
・リジェネを使って自傷ダメージを回復させる
こういった方法が望ましいです。

というかこの方法を使わずにイリヤを運用するのはかなり難しいです。

特に今は魔法攻撃力をあげてくれつつ、範囲回復と先頭にリジェネをかけられるミサトが優秀に感じます。
他にも、TPとHPとUBで無効バリアのはれるユカリが優秀です。

これらのキャラと併用して使うのがイリヤを使うコツになるでしょう。

Sponsored Link





関連記事

真・三國無双斬の専用装備は色が大事

真・三國無双斬において、専用装備は別枠であるから必要不可欠であります。 かなりの戦闘を修羅と困

記事を読む

ディスガイアRPGのイベント大分緩和されたなー

正直ディスガイアRPGのイベントは大分緩和されましたね。基本5倍で毎回稼げますし、一度赤プ

記事を読む

ディスガイアRPGはリセマラすべきか?無凸に意味はあるのか?

ぶっちゃけ、メインアタッカーは凸らないと話にならない。つまりは、被ったほうが絶対いい。 でも

記事を読む

魔神エトナに有効なクールダウン持ち、ニジオレンジが最適解!?

ディスガイアRPGの魔神エトナ戦の戦略を調べて、YouTubeなどの情報を見ると、どうやら

記事を読む

ニューイヤーヒヨリのTP上昇減少がえぐい

天空×字拳!ニューイヤーヒヨリのTP上昇減少効果が使ってみるとえぐかったので紹介しておこう

記事を読む

ディスガイアRPGで3WAVEすべてで全体攻撃できるキャラは?

ディスガイアRPGで、もっとも効率的なのは、3WAVEとも全部全体攻撃で一撃で叩き潰せたら

記事を読む

ダンジョンベリーハード、ボス

そろそろダンジョンコイン終了な状態でダンジョン追加?

プリコネは、ダンジョンコインの延命処置として、 リンのメモリーピースが追加されましたね。 で

記事を読む

FLOの防具強化は、兵士長の盾となりきり草原ウィングがいい

FLO(ファンタジーライフオンライン)において、防具はそこまでかわるようなゲームではありませんが、

記事を読む

まずは君主レベル30を目指すべき。

真・三國無双斬において、君主レベル(プレイヤーレベル)を30を目指してあげてしまうのが一番効率がいい

記事を読む

プリコネの新装備を考えると、ランク9もアタッカーのみかな?

プリコネの今回の新装備は、結構大変そうですね。 基本的には、欠片単品で手に入る装備は30個もの

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


プリニガーX、再登場。しっかり仕込んできたけど、勝てるだろうか?

さあ、復活のプリニガーXである。前回の苦渋を忘れることなく、がっつり

結局、杖や剣は敗北者なのか?実際につかうと聖女エトナの方が弱いという事実。拳強いなー……

厳密に言えば、そうかもしれませんが、別に上位ランク目指さないなら、別

ドラクエタクトの別れ目ですね。ここがどうなるかで変わるといっても過言じゃない。

さてはて、ハーフアニバーサリーのチケットガチャの運次第という部分はあ

さて、ヨリが星6ってことは魔法にテコ入れが入ってきている?

プリコネのヨリが星6になるという情報をキャッチしました。それを考える

チャンプル先生の魔ビから考えて、次はポーンが濃厚。だけど抱き合わせもあるし、しっかり他のまだ出てないタイプも警戒しておこう。

現状のガチャキャラであるチャンプル先生にポーンの強化という魔ビを持っ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑