*

Sponsored Link

ルナの塔151~開始。徐々に厳しさが増していますね

公開日: : 攻略

ルナの塔が解放されましたね。
今回のルナの塔は151~170までとなります。
正直、面倒なことこの上ないルナの塔ですが、重要なのは編成であると思いますね。
今回は忙しかったのもあって、159までになります。
基本は上の画像のように、
・ミヤコ
・ジュン
・マコト
・クリス
・水着コッコロ
を基本編成に、時々ノゾミを使用して突破しています。

正直魔法構成の方が倒しやすい敵も多いので、
状況に応じて、キャルやユイなどを使うと楽だろうなーっと感じました。

個人的にルナの塔のキツイポイントは3つです。
・EXボス
・道中のボス
・回復後、または最初の1戦目
ですね。

大体がEXはしっかり編成組んでも運ゲーになりやすいですからね。
道中ボスは大抵現状のマックス階層の通常ボスより強いです。
そして、TPのたまっていない初戦は大抵キツイ戦いになりやすいです。

他に使う編成はこんな感じ。
基本3列目に攻撃してくるときつくなりやすいので、ノゾミで受けるか、ジュンの回復や水着コッコロの回復で耐えます。
基本TPがたまっている時は、
マコトとクリスのUBを少し遅らせると安定します。

具体的には、水着コッコロのデバフが入った後にマコトのUB、
その後、クリスのデバフ(蹴り)が入ったらクリスのUBを発動。
これでDPS上は最高位でクリスが斬れて、現状のフル強化ならルナの塔のミヤコも仕留められます。

基本水着コッコロは3番目に入ることも多いマコトに使うことを意識します。
私の場合、水着コッコロは星3なので、水着コッコロのHPにも気を配ります。

とりあえずは一端ここで止めて、明日ボスを削って全回復してから攻略していきます。
正直、無理にボスを倒してしまうよりは、瀕死で残してから回復して、
次戦のTPへとボスを再利用するほうが楽に感じます。

しっかり編成を考えないといけませんね。

Sponsored Link





関連記事

ジータ

今はどう考えてもジータの専用装備が熱すぎる

現在のクランバトルにおいて、ジータが無類の強さを誇っています。正直ジータが弱いなんて事はないだろう

記事を読む

プリコネのヒーラーはタンカーより数字を稼げる

プリコネは殲滅力や攻撃力が重要なゲームです。タイムアップという敗北がある以上、攻撃が重要な

記事を読む

プリコネの新キャラは、まさかのぺコリーヌ!?

プリコネが復帰すると、即目に飛び込んだのは、3000個の石でした。よくよく調べてみると、ど

記事を読む

ディスガイアRPGの泥率のすすめ。まずは15%を目指そう

かなり前に同じような記事を書いている気がしますが、重要なことなので、2回書きます。 パイレー

記事を読む

ドラクエウォークの全体回復はボスにはほぼ必須

ドラクエウォークにおいて、稼ぎは最優先事項ではありますが、基本的にボスを倒すことはかなり重

記事を読む

ディスガイアRPGのオート周回のコツ。パーティ選定が大事

ディスガイアRPGのアイテム界には便利なオート周回機能があります。このオート周回機能で重要

記事を読む

プリコネで凶悪な限定キャラは、おそらくフェス除けば、水着サレンだよね。

プリコネの限定キャラにはかなり強力なキャラが多いです。大体フェスのキャラは、強いですね。クリスやム

記事を読む

報酬交換に関しては、報酬ー>イベントー>武将ストーリー

真・三國無双斬の呂布イベントの報酬はしっかり終了後でも確保できるようになっています。

記事を読む

プリコネは早く星下げがないと、多分やばいね

プリコネは現状バランス崩壊中です。それというのも、キャラを強化するはずの星上げがキャラの強

記事を読む

ドラクエタクトの影響とは

どうやらツイッターにて、クラウドサービスでのネットワーク機器障害みたいですね。 https

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ビショップか、魔法で楽にいけるね

ディスガイアRPGで、ある意味で予想内で予想外な超魔流の荒行が開催さ

ドラクエタクトはハーフアニバーサリー。さてはてどうなるか

最近のソシャゲではよく、この文言で強いキャラを出してくるので、バカに

プリコネの充電期間。まあすぐ終わるけど

プリコネはイベントが終わったから、ほんの少しの充電期間ですね。正直、

キャラ評価はホント難しい。サポートキャラは基本入手するべき

プリコネでも、ディスガイアRPGでも、ドラクエタクトでもなんでも言え

ぶっちゃけゲートのカギが最も足りないと思うの。

ディスガイアRPGの最も重要な要素は育成です。そして、育成の要である

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑