*

Sponsored Link

プリコネに最も必要なキャラクターは、壁キャラ『ジュン』

公開日: : 攻略

プリコネのポイントとして、基本的な敵キャラクターは一番前のキャラクターへの攻撃を行います。

LVがとても高い場合は除いて、基本的に壁となるキャラクターでなくてはすぐにやられてしまいます。
そして、プリコネのクエストクリアの評価基準は、生存したキャラの人数です。

  • 全員生存で星3
  • 4人生存で星2
  • クリアで星1

という形です。
そして星3に利点はありますが、星2星1のどちらも先に進めるという特典以外ありません。

つまりは、星3でなくては大きい利点は得られませんし、
そのためには星3でクリアするために壁となるキャラクターは必要不可欠です。

基本的に壁キャラとして、現状最高の性能を誇っているのが

ジュンになります。

ジュン

この鎧を着ている子ですね。
最大の利点は、魔法防御がランク7以上で、大幅に高くなり、
ユニオンバースト(UB)が非常に強力な上に、相手の物理防御低下し、HPが低い味方を回復できます。

かなり有効なキャラクターで使える部分も

  • クエスト
  • アリーナ
  • プリンセスアリーナ
  • クランバトル

と、全てに使える素晴らしい壁キャラクターです。

アリーナの防衛には非常に有効ですし、攻撃側のタンカーとしては一番有効だと思いますね。

タンカーとして、有効なキャラクターは複数いますが、
クランバトルでは防御面ではなく、相手の防御力低下で火力として貢献できる素晴らしいキャラクターです。

個人的には、クランバトルにおいてはマコトには及びませんが、ジュンも素晴らしいと思います。

アリーナやクエストでもとても活躍できるキャラクターですからね。
長期的に見れるのであれば、マコトはクランバトルで入手することができるので、ジュンを優先するのも手でしょう。

Sponsored Link





関連記事

クランバトルをタンカーなしで戦えるならそれが最良!

プリコネのクランバトルは、 現状、ボスだから1体のみでとてつもないほど戦闘力が高い相手との闘いにな

記事を読む

ペコリーヌ

プリコネでやはり登場! 水着キャラの情報!

プリコネの生放送を見ていると、気になる情報がちらほら出てきましたね。 新キャラ情報

記事を読む

プリコネの今回のクランバトルは拍子抜けでした。

プリコネのクランバトル今回は、結構拍子抜けでしたね。 まあ、強いよりは弱いほうが良いんですけど

記事を読む

プリコネ、ハツネボスハード

ハツネのプレゼント大作戦の報酬はガチャみたいなモノ?

これは……ガチャですね。 討伐証1枚で一回引けます。 10枚で10回引けますから、こ

記事を読む

たんさくミラージュデータまとめ

随時更新予定。 たんさくおすすめミラージュも参考までにどうぞ 基本的に、たんさく上手の方がた

記事を読む

ドラクエウォークのバラモスの心は使える間違いない

ドラクエウォークのバラモスの心は僧侶というか賢者向けでかなり良い心であると言えますね。対強

記事を読む

IR一覧表が更新されているチェックしとこうぜ!

ディスガイアRPGにおいて、アイテム界の装備が更新された。じゃあと思って調べてみると、やはりIR一

記事を読む

イリヤをサイレント修正、一撃撃破できなくなった。

プリコネのイリヤがサイレント修正を食らったようだ。 タマキを星一つ上どころか星3同士で叩き落すこと

記事を読む

水着サレン対策。リマとマジカルカスミとカスミ

状況によりけり、ではありますが、現在、プリコネにおいて猛威を振るっている水着サレンの対策です。

記事を読む

対ハロウィンシノブにはハツネや水着ペコリーヌが良いでしょう

ハロウィンシノブが最も厄介なのは、最もHPが少ない敵を狙い倒したら範囲で一気に叩き潰すという

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


トリックグレイツェル、これは強いかもしれない。

ふむ、普通に強そうですね。さすがにインテ系統はなかったかー。

ディスガイアRPGは配布石が多い。その分ガチャは渋い。

いわゆる、引くことが楽しい人におすすめ。個人的にはガチャがマジで渋い

ニノン星6とリノ星6は明確にポジションが違う。

まあ中衛と後衛ですし、当たり前っちゃ当たり前ですけどね。 ニノ

トリックグレイツェル。えっとドラクエ10が好きなのかな?

ドラクエタクトのキャラが結構出てきてます。というか2体。

ラブリーフロンと闇黒騎士比較。両方使えるなら解決……?

ラブリーフロン。とうとう出てきた剣SP+10のフロン。使えるけど、ど

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑