*

Sponsored Link

プリコネに最も必要なキャラクターは、壁キャラ『ジュン』

公開日: : 攻略

プリコネのポイントとして、基本的な敵キャラクターは一番前のキャラクターへの攻撃を行います。

LVがとても高い場合は除いて、基本的に壁となるキャラクターでなくてはすぐにやられてしまいます。
そして、プリコネのクエストクリアの評価基準は、生存したキャラの人数です。

  • 全員生存で星3
  • 4人生存で星2
  • クリアで星1

という形です。
そして星3に利点はありますが、星2星1のどちらも先に進めるという特典以外ありません。

つまりは、星3でなくては大きい利点は得られませんし、
そのためには星3でクリアするために壁となるキャラクターは必要不可欠です。

基本的に壁キャラとして、現状最高の性能を誇っているのが

ジュンになります。

ジュン

この鎧を着ている子ですね。
最大の利点は、魔法防御がランク7以上で、大幅に高くなり、
ユニオンバースト(UB)が非常に強力な上に、相手の物理防御低下し、HPが低い味方を回復できます。

かなり有効なキャラクターで使える部分も

  • クエスト
  • アリーナ
  • プリンセスアリーナ
  • クランバトル

と、全てに使える素晴らしい壁キャラクターです。

アリーナの防衛には非常に有効ですし、攻撃側のタンカーとしては一番有効だと思いますね。

タンカーとして、有効なキャラクターは複数いますが、
クランバトルでは防御面ではなく、相手の防御力低下で火力として貢献できる素晴らしいキャラクターです。

個人的には、クランバトルにおいてはマコトには及びませんが、ジュンも素晴らしいと思います。

アリーナやクエストでもとても活躍できるキャラクターですからね。
長期的に見れるのであれば、マコトはクランバトルで入手することができるので、ジュンを優先するのも手でしょう。

Sponsored Link





関連記事

クランバトルの圧倒的人権。カオリがなぜ使えるのか

プリコネのクランバトルの人権キャラ。カオリ。 なぜ使えるのか? 単純明快に、火力の高さがあります

記事を読む

優秀キャラを優先するのはある意味で当たり前。

ドラクエタクトはマジでキャラの差が激しいゲームです。まあ実際に考えれば当たり前ではありますが。

記事を読む

ベリーハードを回るときは、エンゼルスライムを速攻でつぶすべし。

いわゆる、仲間を呼ぶ前にたたき伏せるという方法。ドラクエタクトでもやはりこういった増援潰しは非常に

記事を読む

プリコネで課金ご用達のアヤネさん強し。

プリコネのアリーナに関していえば、今は攻め勝ちな状態になっています。 極端に言えば、相性がいいキャ

記事を読む

夏が近づいてきた。つまりは、水着だということなのだが??

ウマ娘の水着って普通にスタミナ練習で見れますよスクールですけど。というか、ウエディングドレスで走る

記事を読む

プリコネはラビリスタが楽しみで仕方がない。

プリコネでは、とうとうラビリスタが来るとなっていて、非常に気になっています。というか楽しみで仕方が

記事を読む

決勝がすべて絶好調になる時点で、デバフ勝負になるのは目に見えてるじゃないか……

キャンサー杯。まあ決勝に行けた人は、全部絶好調で運ゲーを減らそうと努力したのでしょう。 つま

記事を読む

配布がバトロの装備であるから、結局今回って微妙なのよね

スライムフェスティバルの最大の失敗ポイントは周回理由が少ないことですね。 ドラクエタクトの現

記事を読む

マルゼンスキーは短距離? マイル?

まあ絶対的な有利距離はマイルなんでしょうけど、短距離に私はしてますね。正直、短距離走れるウマ娘は貴

記事を読む

デスピサロがやっぱ露骨に強すぎた。プリンとかハーゴンと相性が良すぎる。

デスピサロがやはり露骨に強いですね。闘技場をやってると基本魔法パでは挑めませんし、イオ耐性低下とい

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


というかマジでうまぴょいを地上波に流したのか??

ネットで見たらやばかったらしい。え、マジで流したの?あの電波ソングを

結局のところ、賢さはいらないという。

ライブラ杯において、賢さはそこまで必要ではないという。正直、パワーを

プリコネの星6ナナカかー。

正直、期待値は高めなナナカですね。ああいうピンポイントな爆撃ができる

チャンピオンミーティングって結局は運ゲーよ。

可能な限り運ゲーを削りたいのは事実ですが、結局は運ゲーなのは変わりあ

ウララシステムがどんどんやばくなってるらしいけど……

ウマ娘において、ウララシステムが流行っているという。正直、ネオウララ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑