*

Sponsored Link

逃げスキルのおすすめ。サイレンススズカSSRで大体OK

公開日: : 攻略

私個人の逃げに使うおすすめスキルを紹介します。
はっきりいって、固有スキルでは露骨にセイウンスカイのスキルが強いので、可能ならセイウンスカイを継承に入れたいところです。

ざっと考えると、スキルとしては、

  • 集中力(コンセントレート)
  • 先駆け(先手必勝)
  • 急ぎ足(脱出術)
  • 先頭プライド
  • 逃げ牽制
  • 逃げためらい
  • 逃げのコツ
  • 地固め
  • 押し切り準備(逃亡者)
  • 逃げ直線〇
  • 逃げコーナー〇

ってところかな。
特に地固めが強いと言われていて、序盤発生の3つ付きで固めたいかな。
主に、

  • 集中力
  • 先駆け
  • 先頭プライド
  • 逃げ牽制
  • 逃げのコツ

辺りを積みつつ、地固めをいれると逃げがすごく安定する。
なお、地固め自体と逃げ牽制以外はサイレンススズカのSSRで拾えるという安定感。
LV1にしかならないけど、固有ボーナスでヒント率はあるから、無凸でも使えなくはないというのも大きい。
技マシンとして活用するとおいしいかな。

相応にスキルポイントがいるのは難点ではあるけど。

キャンサー杯に当たっては、左回りであることも大きいポイントですね。
イベントではあるから、発動すれば拾えるのもそこそこおいしい。
まあ連続イベント系統でないのが厳しいが、出ないときは連続イベントでも出ないから割愛。

はっきりいって、キャンサー杯は逃げが多くなるのと、強い人が多いだろうから、逃げのデバフと徹底マークあたりを逃げにいれても面白そうなんですよね。

さてはてどうなるかなー。

Sponsored Link





関連記事

ランク8装備現状5つのタンカー用まとめ

プリコネにおいて装備は重要。 4/16のアップデートにて、装備が更新されたため、その装備についてま

記事を読む

カーチスは今までの配布の中で一番弱い?

ディスガイアRPGの新イベントの配布(報酬)キャラであるカーチス。今回は一番弱いんじゃない

記事を読む

プリコネ、ヨリ

ヨリがやばそう。立ち位置的にサレンが使えるからやばそうだなー

次に手に入る星6キャラ。ヨリはやばそうですね。立ち位置が中衛ですし、サレンのブーストが使いやすいの

記事を読む

テイオーもそこまで強くないのか。

レジェンドレースでテイオーが登場。これで、ピースがだいぶ増えるので、初期勢の人はもうちょっとで解放

記事を読む

プリコネ、ハツネのプレゼントボス情報

プリコネ、ハツネイベントボスのジズハードの戦い方

効率は間違いなくハードの方が上ですから、なんとかコイツを一撃で潰したいところ。 実際に

記事を読む

ディスガイアRPGのレイドのお供が固い。

ぶっちゃけていうと、想定外に固い。粘泥(スライム)族恐るべし。まあ元々、魔ビリティの関係で無属性は

記事を読む

今回のクランバトルは、露骨にムイミが強い

最前列にムイミを配置する。これだけで、2段階までのほぼすべてのボスをTP切れても問答無用でワンパン

記事を読む

ウマ娘のレジェンドレースは、地味に相手は補正かかってないかな?

ウマ娘のレジェンドレースの相手の性能を見ると、なんでこのステータスで負けそうになるのかがわからない

記事を読む

プリコネのアキノはどうなるか?

正直、サレン星6は使えるけど、アキノはアリーナではキツイし、アキノ星6の使い道は、おそらくクランバ

記事を読む

プリコネ、共闘、ダナエ岩窟2、ボス

共闘の戦い方のおすすめ

プリコネの共闘の戦い方のおすすめとしては、なにが一番でしょうか。 共闘の戦い方はどうなるでしょ

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


育成での逃げと先行の使い訳の方法は……?

逃げの人数を見ることです。というか、逃げが1人もいないのであれば、逃

no image
露骨に逃げが有利なレオ杯。坂なんてなかったのか……

最初の予想とは裏腹に、現状ルームマッチは蓋なしだと逃げには勝てない状

プリコネのノゾミは間違いなく強い。だけど……

正直、プリコネの限定ノゾミは強いですね。TP回復の頻度だけではなく、

結局蓋と差しまたは追い込みで勝負になりそうなレオ杯。

セイウンスカイや水着マルゼンスキーがナーフまたは、やべえウマが来ない

結局セイウンスカイとかマルゼンとかのやべえ逃げを対処しないといけないのか……

いわゆる、逃げがやべえ。レオ杯系統のルムマ行くと、露骨なまでに全逃げ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑