*

Sponsored Link

勝ちにいくなら、安定か運ゲーか?

公開日: : 攻略

ウマ娘を作っていくと、安定させるか運ゲーをするかで大きく違いが出てきます。

というのも、終盤に発動だろうと、最終コーナーとか確定ポイントを書かれているところとは違い、安定化は非常に難しい。
マジで運ゲーを行うなら、全身全霊とかより差し直線とかそういった直線判定のスキルを複数積むほうが面白い。

というのも、確率は低くなるけど、数積んだほうが爆発力はあがり、安定度も若干上昇します。
ただ金スキルを1つ積むより、白スキル複数積むのであったら、どっちがいいかは微妙なところです。

ガチで金スキルはポイントで見るなら3つ分の価値ですが、
実際に使って勝ちに行くなら、金スキルは2つ分かな?
正直なところ、発動しない場合のリスクが高く、
賢さが高いなら別ですが、きつい。

短い距離であればあるほど、判定が少なく発動率が下がります。
短距離とかで賢さを多少盛ったりしてるのはチーム闘技場ではそうです。

だけど、勝ちに行くなら?
残念ながら賢さを盛ります。
というのも、スキルの発動率は結構勝率にもかかわるポイントです。

保険として白スキルも積むことはあっても、金スキルを軽視はできません。
賢さが高いほど金スキルの価値は上がると思います。

というのも、確実に一定時間の%バフとなってると思いますね。
ステータスが高いほど、一気に爆発力が上がる傾向が強く、
パワーが高いウマ娘に加速スキルを積むといきなり超加速しますからね。

つまりは、いい感じに強化するなら、スキルは最終ステータスを考慮する方がいいってことです。
運ゲー要素を減らすためにも、スキルの数は多めにしましょう。
個人的には、金スキルは2個分の価値ですが、人によっては多くも少なくもなるでしょう。

だけど、発動するのは絶好調であることを前提にする場合が多く、
絶好調の時と普通の時と絶不調の時で、データは顕著に変わってますから、賢さは案外大事なステータスです。

Sponsored Link





関連記事

おにこんぼうは正直もっと攻撃力あってもよかったね

理由は竜王の劣化でしかないから。 と言うのも、ウルトラスタンプと同じ範囲もっていて、周囲攻撃

記事を読む

装備は5個目解放。これは10ランクに移行していかないと……

プリコネの更新で、新エリアが出た以上装備も追加となりました。 前回がいつも通りではな

記事を読む

ディスガイアRPGのSP供給は強いけど、虹プリニーはほぼ必須である

ディスガイアRPGで補助枠最強と言えば、SP供給魔ビリティ持ちが上がると思います。

記事を読む

ディスガイアRPGの魚狩りのために強くなる

経験値ゲートのために、経験値を稼ぐ。矛盾しているようですが、ある意味で当たり前のこと。 勝て

記事を読む

ディスガイアRPGのヘル稼ぎに有利な魔ビリティ紹介

ディスガイアRPGをやっていると、異常にヘルが足りなくなります。では、ヘル稼ぎするのに有効

記事を読む

プリコネの聖跡調査は期待値4くらい。

プリコネで専用武器を入手するためのコンテンツである聖跡調査。 このコンテンツはジュエルで復活させな

記事を読む

正直、ウマ娘の星3にするべきなのは、固有技が強いキャラである

ぶっちゃけてしまうと、固有技が強いウマ娘は星3以上にあげたほうがいいでしょうね。例えばスーパークリ

記事を読む

たんさくミラージュデータまとめ

随時更新予定。 たんさくおすすめミラージュも参考までにどうぞ 基本的に、たんさく上手の方がた

記事を読む

フェス限定以外のアタッカーは使えないのか?

ディスガイアRPGにおいて、フェス限定以外のアタッカーは基本的には使えません。まあピュアシシリーみ

記事を読む

サポカが走る?? なら、短距離が鬼門??

アオハル杯の情報をPVで確認するに、サポカが走る可能性は高く、確定のメンツから考えると、短距離が鬼

記事を読む

Sponsored Link





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


というかマジでうまぴょいを地上波に流したのか??

ネットで見たらやばかったらしい。え、マジで流したの?あの電波ソングを

結局のところ、賢さはいらないという。

ライブラ杯において、賢さはそこまで必要ではないという。正直、パワーを

プリコネの星6ナナカかー。

正直、期待値は高めなナナカですね。ああいうピンポイントな爆撃ができる

チャンピオンミーティングって結局は運ゲーよ。

可能な限り運ゲーを削りたいのは事実ですが、結局は運ゲーなのは変わりあ

ウララシステムがどんどんやばくなってるらしいけど……

ウマ娘において、ウララシステムが流行っているという。正直、ネオウララ

→もっと見る

  • Sponsored Link





PAGE TOP ↑